子供が初めてオンライン英会話をする時に覚えておきたいフレーズ【初級】

ベネッセのChallenge English(チャレンジイングリッシュ)に取り組み始めた小学生の男の子。
順調にレッスンを進め、いよいよオンライントークの時間となりました。
親も子供も緊張です!だからこそ、息子にきちんと教えてあげていたら良かった、あのフレーズたち。。
こども英会話は親のサポート、本当に大事だと痛感いたしました。
経験から、それらをまとめてみました。

スポンサードリンク


息子が、初めて外国の先生と一対一で会話をしました!

我が息子が、7歳にして体験したこの素敵な経験。

楽しかったのかな?

ドキドキしたのかな?

それとも・・・

親の方も、色んな意味でドキドキです。
(; ・`д・´)

はじめてのオンライントークは意思の疎通が難しかった!

息子が初めてオンライントークをした時、レッスンの内容は何度も繰り返し練習したフレーズなので理解はできていました。

しかし、先生が『繰り返して言ってみて』『先生に質問してみて』と告げると、とたんにフリーズ・・・

もしくは、大変とんちんかんな返答をすることに。

繰り返して言ってと言われたけど、その質問の答えを言ったり、
先生に質問されたけど、そのまま同じく繰り返したり・・・

∑(゚Д゚)

基本的なレッスンで使われるフレーズは、教えておくべきだった!!

うめきち、息子に申し訳なく、そして悔みました。

ほんの、2、3のフレーズを理解しているだけで、もっともっと初めての先生との会話が楽しく分かりやすいものになったはずです。

ここにいらっしゃいました皆様には、同じ失敗をしてほしくない!
(いや、すでにお仲間なのかもしれませんが^^;)

では、これから、
実際に息子と先生との会話の中で、繰り返し先生が使ったフーレーズをご紹介します。

お子さんと一緒に練習されてくださいね♪
(*´∀`)

(*゚∀゚)あ、、
もちろん、大人には、とっても簡単です。

でも、英語を習い始めの子供には、改めてインプットしてあげないと、初めての緊張するオンライントークではテンパる元となります。

この意味は理解しておきたい

Repeat after me.

(後に続けて言って/繰り返して)

息子の先生はフレーズを言ってから、どうぞキミの番だよ、というように手を差し出してくれました。

I’ll ask you some questions. And you’ll answer.

(先生が質問するから、キミが答えてね)

Ask me any questions.

(先生に質問してみて)

オンライントークのレッスンは、課題のフレーズを【先生の英語の後に続けて繰り返し】ことと、【先生からの質問に答える】ことと、【先生へ質問する】これらが中心になります。

今、何を求められているのかは、上記フレーズを先生から聴きとる必要があります。

隣で親御さんが解説してあげることもできますが、できたら自分の力で聴きとって答える経験を積ませてあげたいですよね!
(≧∇≦)/

ところで、
この3つのフレーズ、どうやってお子さんに理解させましょうか?
お子さんの英語習得をどのような形で望んでいらっしゃるかにも寄るかと思います。

1,そのままズバリこのフレーズ(英語)はこういう意味(日本語)だよ、と教えてあげるか【英語⇒日本語】

2,日本語に変換しないで理解してもらいたければ、オンライントークまで日常の中でおうちの方がフレーズを自然に使ってあげて、お子さんがどういう意味なのか【英語⇒英語】で理解するように仕向けてあげるか。

うめきちはできたら【英語⇒英語】で理解してもらいたいとおもっていますが、どうしても親がサポートしてあげるときには【英語⇒日本語】でとなってしまいます^^;

うめきち『Repeat after me.⇒繰り返してって言ってるんだよ』

うめきち『Repeat after me.ほら、Repeat,Repeat, ママ「What your name.」ユー「What your name.」This is 「Repeat afer me」OK?』
ひどい誘導^^;

どちらがいいのか、はっきり断言できませんが、どちらも親のフォローとして取り入れられるよう、親の英語力も進歩していかないと行けないとはおもっています。

(; ・`д・´)が、がんばる。

もし、お子さんがなんて言われているのかわからない、答えが見つからなくって口ごもっている場合は、先生が答えを誘導してくれるので、もちろん大丈夫です!

うめきちはレッスン中にフォローの声をかけてもいいものかどうか迷って、結局むすこと先生の間にコントのようなやりとりが続いてしまいました^^;

その時の完全レポは後ほどお伝えしたいと思います。

※レベル3でのオンライントークを元にしています。

スポンサードリンク

一つのレッスンで繰り返し先生が使うフレーズ集

その他にも、色々よく先生が使いそうなフレーズをピックアップしてみました。

おうちの方が英語が苦手でいらっしゃいましたら、自主練♪
お子さんにもどんな意味なのか、教えてあげるといいと思います。
(*´∀`)ノ

Nice to meet you ◯◯◯.
(はじめまして)

How are you ?
(ごきげんいかがですか)

返答の仕方も慣れてきたら変えてみるとカッコイイ♪
-I’m great. (すごく調子いいよ)
-I’m pretty good. (結構調子いいよ)
-I’m good. (調子いいよ)
-I’m fine. (まぁ悪くない感じだよ)
-I’m ok. (まぁまぁって感じかな)
-I’m sick. (調子が悪いんだよ)

No homework.
(宿題はないよ)

Let’s make eye contact.
(目と目を合わせようね)

Look at the teather.
(先生を見て)

What this?
(これは何?)

Good job ◯◯◯! (I’m)impressive!
(よく出来たね、◯◯◯!すごいよ!!)

impressive:すごいすごい感動した!そんな感じだと思います^^

It’s your turn.
(キミの番だよ)

Next questions!
(次の質問!)

One more time.
(もう一度、言ってごらん)

We will practice the ◯◯◯.
(◯◯◯の練習をしようね。)

How about this?
(これはどうかな?)

I will draw and you will guess.
(先生が描くから、キミは考えるんだよ)

Try another one.
(もう一つやってみよう)

Here you are.
(どうぞ)
 -Thank you.

See you next time.
(また次回お会いしましょう)
 -See you.

まとめ

パソコンの画面に向って、ヘッドフォンマイクをした息子が、英語を発している姿をみて、いい時代になったと感じました。

ここは、日本の片田舎。

外国の方にお会いする機会も、めったにありません(笑)

英語を使う機会なんてもちろん。。。

それが、PCとネット回線さえあれば、このように外国の方と英語でお話ができるんですものね。

すごいわぁ・・・

(*´ω`*)思いを馳せるうめきちです。
歳を感じますw

引き続き、うめきち親子のチャレンジイングリッシュ実践記。

お伝えしていきますね!

[online talk]

Challenge English

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ