【レビュー】チャレンジイングリッシュやってみたよ!子供の様子は?

始まったばかりの、チャレンジイングリッシュ[Challenge English] 息子はウキウキと初めての経験に心躍らせています。
その内容はいったいどんなものなのか、英語力が本当につくのか?
なるべく親子で一緒にやってみて、英語力アップを目指します!
初めてのレッスンの様子はどうだったのでしょうか?ご紹介します。

スポンサードリンク



こんにちは、うめブロへようこそ。

サイトOPENと同時にソフトをダウンロードし、初期設定、レベルチェックまでを済ませた息子。

【レビュー】チャレンジイングリッシュが開講!導入~レベルチェック

いよいよ、チャレンジイングリッシュをやってみます♪

一日のレッスンの流れ

まずは、パソコンからソフトを立ち上げると、ホーム画面が登場。

色々メニューがあります。

【Today’s Lessons】
今日のレッスン2コース
⇒おすすめとして、今日のレッスンでしてほしい2コースが表示されています。
息子は、「フォニックス」と「ボキャブラリー」でした。

【Select Lessons】
他のレッスンを選択
⇒もっとやりたいときは、ここからいろんなレッスンを選べます。
息子は、当然2つでは物足りず、こちらにも挑戦。

【Meet the World Tour】
「Today’s Lessons」で2コース終了すると、1枚コインがもらえます(1日1枚まで)
そのコインを使って世界旅行でいろんな国を訪れます。
「くにカード」や訪れた国のお友達の「フレンドカード1」や、チャレンジイングリッシュをしている本当の生徒さんたちの「フレンドカード2」などをゲット!

◆その他の特徴
途中でおもしろハプニングが起こったりするそうです。
サイコロは、お友達がふってくれるお得チャンスも♪
北半球コースと南半球コースがあり、特に選んだりはできないようでした。

では、本日息子が取り組んだレッスンを中心にレポしたいと思います。

フォニックス

息子のレベルチェックでの判定結果から決定したレベルは、3からでしたが、改めてレベルを1から取り組んで行く必要があると思います。

今回は、レベル1からできるということを、まだ気づかないまま、レベル3のフォニックスレッスンをスタートしました。

レベル3ステップ1は「最初の音が同じ単語」
聞こえてきた単語と同じ最初の音をもつ単語を、選択肢3つの中から選んで答えます。

例:[book]と読み上げられたら[first][boss][land]の[boss]が正解

息子は比較的サクサクと解いていきました。

BE-GOでも、たくさんしてたものね。
(*´ω`*)

全問終了すると、レッスン結果に印がつきます。

フォニックスというのは、英語圏の子どもたちが国語として英語を勉強するときに使う学習方法です。
幼児教育に取り入れられているようです。

日本ではあまり使われてこなかったやり方ですが、うめきちが大人になって英語の発音を治そうと思い、このフォニックスを知った時には、

なんでやらない!日本の教育!!

と叫びたくなりました^^;

(※30年ほどまえの1980年代ごろまで、日本では殆ど知られていなかった学習法)

【この文字があったら、このように発音する。】

その知識があるので、ネイティブの人は、初めて見た単語でも発音することができるんですね。

これからの英語教育には、なくてはならないフォニックス。

しっかり勉強してくださいねー!
(≧∇≦)/

スポンサードリンク

ボキャブラリー

今日のおすすめ2つ目は、「vocabulary」

各単語の読み方3つから4つの単語カードを見ながら、読み上げられる単語に該当するのはどのカードかを選びます。

まず、始まる前に、レッスンで使う単語の読み方を確認。

ある単語が読み上げられ、その単語と同じ意味を表す絵が書かれたカードを選びます。

その際、英単語の表示はありません。

音声と絵だけで答えを見つけなくてはなりません。

うめきちも隣で見ていて、なんて言っているのか聞き取れない単語もありました。

知らない単語が出てきたら、結構むずかしい・・・

でも、子供が親の言葉を耳で覚えるように、ここは耳で覚えていくことを重要視しているところなのかもしれません。

耳を鍛えることにつながれば、と思います。

とにかく、息子には聞こえたとおりに声を出すよう伝えました。

繰り返し繰り返し、単語は触れていって覚えることですね♪

Today’s Lessonsで2つのレッスンが終わると、成績の結果がでます。

金、銀、銅の星がついて、ステップ1終了までの進捗状況がわかるようになっていました。

これは、金を取りたいですねぇ。
(ΦωΦ)b

ごほうび、世界旅行

この2つのレッスン終了でもらえるコインをもって、「Travel around the world!!」へ。

すごろくみたいなものです。

1コインで1回サイコロを振って、出た目だけ進めます。
息子は、「6」が出てスタート地点の島から日本上陸♪
ヽ(=´▽`=)ノ

そこでフレンドカードが出ました。

(*´ω`*)誰だろう?

「IOS」くん、10歳。
レベル6

夢はサッカープレーヤーになることで、行ってみたい国は韓国。

こんにちは!IOSくん♪

お名前が、運営の用意した名前のようなのが気になりますが(笑)はじめだからかな。。。

とにかく、息子は嬉しそう♡
(≧∇≦)/

こんな風に世界中の子どもたちや、チャレンジイングリッシュを一緒に頑張っているお友達と繋がれるのも、大きな特徴ですね。

モチベーションにつながればと思います!

どのくらいの頻度で、フレンドカードが出るのでしょうか?
なるべくたくさんのカードをおねがいしますね!
(`・ω・´)ゞ

ここまでで、ノルマとなる2レッスン終了。

息子はもちろん、更に続けてやっていました。

そちらの内容レポも、のちほどご紹介いたします。

子供の様子

今回は、とにかく待ちに待ったチャレンジイングリッシュができた!ということで、当然やる気がみなぎっています(笑)

知ってる単語には、『こんなの簡単すぎるよぉ~』
わからない問題には『・・・・』

(;´д`)笑

各レッスンが子供の好奇心を刺激したり、楽しんでできるように工夫されているのがわかりますので、ただただ、飽きない!これだけ気をつけてやっていって欲しいと思いました。

ステップやレベルが変わる度に、新しいレッスンが始まれば、飽きるという心配も減ると思いますので、そこに期待。

はじめにした約束。

毎日少しずつでも英語の勉強をする

先生とのトークは、恥ずかしくても頑張る
(大変恥ずかしがり屋の息子です)

家でも覚えた英語を使ってみる

これを、いかに継続してできるかどうか。

子供だけに任せていても難しいことだと思っています。

親も一緒に英語を楽しむ姿、
子供の習った英単語、英会話を日常会話で使えるようにする努力^^;

そして何より、
もっともっと英語をやりたい!と思えるように、応援してあげることが必要なのかな。

うめきちも1から英語を勉強しなおして、英語コンプレックスを無くしたいと思います!
(≧∇≦)/

がんばろう、息子!!

▶チャレンジイングリッシュが気になったら公式サイトの体験デモへGO!

Challenge English

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ