【レポ】チャレンジイングリッシュ「Speaking」ウェンデルとレッツトーク!

今回は、Challenge Englishのレッスンから「Speaking」をピックアップ♪
個人的にお気に入りのレッスンです。
どんなレッスンなのか、実際に取り組む子供の様子などご紹介しますね!
親の関わり、大事(*゚∀゚)

スポンサードリンク



こんにちは、うめブロへようこそ。

息子の英語力判定レベルは3

しかし、全く会話ができるレベルではないので、始めるのはレベル1からやっていきます。

9コのレッスンの中から、今回は「Speaking」を取り上げてみようと思います。

とにかく話すことができなければ、英語を使いこなせるようになったとは言えません。

ニホンジンエイゴハナセマセーン by 昭和人間

いやいや!

これからの子どもたちには、I can speak english!と胸を張って言えるようになってほしい!
\(^o^)/ガンバレ

レッスン「Speaking」レポ

このチャレンジイングリッシュは、アニメのキャラクター先生がたくさん登場するのですが、

「Speaking」はま・さ・か・の

実写版!

(*゚∀゚)

いや、実写大事です。

英語での日常会話を、実写で見ながら、実際に言ってみる。

どんなシーンで、どんな会話が、どんな言葉でなされるのか。

目で見て、聞いて、言ってみる。

英語をノートに書いて、1人つぶやいていた我々世代の英語教育とは大きく違うやり方ですね。

このレッスンに登場する人物に、Wendell(ウェンデル)というおかしな絵かきさん(笑)がいるのですが、彼が息子の話し相手になってくれます。

【音声認識】

english-repo

ウェンデルが何やら絵を描いてます。

Wendell『Good morning!』

あ、こっちみた(・∀・)!

Wendell『Good morning.How are you?』

息子『I’m OK!』

Wendell『Good.I’m hungry』

ウェンデルおなかすいているんですって。
うちはおひるご飯食べたばかり、お腹いっぱいです。
(*´ω`*)

息子『Me,too』

(・∀・)!え。

他の選択肢の意味がわからなかったようです(笑)

Wendell『I’m thirsty.here you are.』

息子にもお水を分けてくれました。

でも、ウェンデル、それ・・・
花びんの水じゃ・・・ (ちがいますw)

この時の会話を、最後に音声として通して聞き、終了。

息子は自分の声に恥ずかしがって、うめきちには聞かせてくれません^^;

「Speaking」のレッスンは、一つのテーマに対し、

◆ウォームアップ

◆れんしゅう

◆会話

と進みます。

ウォームアップで、このテーマで使うフレーズが紹介され、
れんしゅうで、フレーズ、複数の解答パターンを繰り返し練習し、
会話で、ウェンデルと実践トーク。

ある程度のレベルになると、その会話の終了後に、発音担当のDJ.Splashによる厳しいレッスンがはじまります。

チャレンジイングリッシュの音声認識が合格しなくて涙目【help us】で書きましたとおり、ここのレッスンでの音声認識が、合格ライン厳しく、親子で涙目となっております。
(;´д`)

ここをすんなりクリア出来るようになると、息子の英語も上達してきたな~♪と思えるのかしら。

道は遠し。
( ´ー`)フゥー...

スポンサードリンク

この一連のレッスンを見ていて思いました。

この英語を修得するのは、チャレンジイングリッシュをやっている時間だけでは足りなそうです。

どんなキーフレーズが出てきたのか、親もちゃんと理解して、日常生活の中でも英語を使っていかないと、中々修得するまでにいかないのでは。

進んでいく中で何度も同じキーフレーズが出てくることで、自然と体得することが出来ると言われていますが、本当だろうか?

ちょっと心配だし、家庭で習った英語を使うことは無駄でないでしょう。

自主練だ・・・

優秀なお子さんなら、お子さん1人の力でもどんどん習得されていくことでしょうが、我が息子はそんなこともないでしょうから^^;

そこで!

うめきちはレッスンで出てきたフレーズ、「キーフレーズ」を出来るだけ親も一緒に使えるようにしよう!と決意いたしました。

きっと同じようにお子さんにチャレンジで英語を話せるようにと願う親御さんが、当サイトへいらっしゃってくださるでしょうから、どうせならこのサイトにキーフレーズや、それに合わせて日常生活で使いそうな単語を随時掲載していこうと思います。

算数、国語なら、自分も通ってきた道。
ある程度、教えられますが、英語は得意な方でないと、まったくダメという親御さんも多いことでしょう。

一緒に、子どもたちのために頑張って行きませんか?

そうです。
一緒に、がんばりましょう(≧∇≦)/

Challenge English

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ