【違いに気付かず】魚の目だと思ったのに…もっと厄介ウイルス性イボだった

ウオノメ、たこ、どちらも足の裏にできるイボだと一般的に知られていると思います。
だから、我が子の足にコリッとした突起を見つけたら、「それはウオノメ(たこ)だ!」まずはそう思ってしまうことも。
でも本当にそれはウオノメ?
放っておいてはいけない、もっと悪さをする危険なイボかもしれませんよ!!
お子さんの足の裏に気になるイボを見つけた親御さんへ、
実際に我が子に現れたウイルス性イボ(尋常性疣贅)の経験を参考にされてください。

スポンサードリンク



こんにちは、うめブロへようこそ。

何かと皮膚科通いが続く、うめきちの息子小学1年生のお話を今回はしたいと思います。

保育園時代は、水いぼに悩まされ、ようやく治ったと思ったら新たな敵が。。。

イボです。

息子の足の裏に、何かある!

このにっくきイボにうめきちが気づくこととなったのは、秋も終わりの11月頃。

息子が「ママ、なんかある」と言ってきました。

言われたところを見てみると、足の裏の薬指の付け根にコリッとした発疹が。

まだまだ、小さくてそれほど気にするようなものでもありませんでした(その時のうめきちの感想では^^;)

「なんだろうね~。少し様子を見てみようね」そう、その場は言って終わりになりました。

そんな発疹の存在も忘れかけた年の瀬。

息子が言い出したのか、うめきちがたまたま見つけたのか忘れてしまいましたが、再び足の裏に注目してみると・・・

【あれ?大きくなっている】

∑(゚Д゚)ガーン

11月に見た時には、心配するほどのない小さな発疹でした。

しかし、その数カ月後には明らかに大きく固い芯を持つイボに成長していたのです。

「あー、これはウオノメかたこだね。真ん中がちょっと窪んでいるから、ウオノメだわ!ママも昔なったことがあるよ。それ用の絆創膏があって、しばらく貼っておくといいわ^^」

そう。。。

母うめきちは、ウオノメだと判断しました。

足の裏のイボ=ウオノメかたこ

その時は、それしか思いつかなかったのです。

イボの縁は、噴火口のように厚い角質があって、その真中が窪んでザラザラとしています。
よーく顔を近づけてみると、皮膚の中の奥へ向って、何か細い植物の根のようなものが埋まっているようにも見えます。
(ちょっと気持ち悪い^^;)

後でお医者さんに言われてようやくわかるのですが、これ・・・
ウオノメじゃな(;´д`)

でも、その時は素人判断でウオノメかそうじゃないかなんて、判断つかなかった・・・

スポンサードリンク

ウオノメ治療、スピール膏

その後しばらく放置していたのですが(鬼母^^;ウオノメだからまぁいいだろうと思っていたんです )、どうも良くなる気配もない。

息子も痛がりはしないが、気にしている。

そこで、ようやく重い腰をあげ、薬局にて「スピール膏」の治療薬(絆創膏)を買ってきました。

この絆創膏に角質を柔らかくする薬がついていて、3,4日貼りっぱなしにすることで皮膚が柔らかくなり、それを少しずつ削っていってイボを消すことができるようです。

うめきちが子供の頃、父親にこれを貼ってもらったことを思い出しました。

注意書きに、「正常な皮膚に薬がつくと逆に皮膚を痛めてしまうので、必ず患部にだけ当てるように」と書かれていたので、少し不安になりつつも、とりあえず貼ってみました。

3日ほど貼ってみて、お風呂あがりにはがしたところで、白くふやけたイボの表面をうめきちの爪でガリガリ削ってみます。

ちょっと削り過ぎると息子も「痛い!」と言うので、そこでストップ。

また、新しいスピール膏を貼って3日ほど。

これを5回繰り返しました。

大きく噴火口のように盛り上がっていたイボの周囲の角質は薄く小さくなったようです。

けども、真ん中の見た目グロテスクなザラザラの部分は一向に小さくなりません。

自己流治療は、このくらいで効果がなければ止めて、ちゃんと皮膚科の先生に見ていただこうとはじめから考えていました。

ようやくここにきて専門医の診察を受けることに。

(遅い、遅いようめきちかあさんよ・・・)

皮膚科の放った一言に凍りつく母【イボの正体】

皮膚科って、どうしてこんなに混むんだろう(´・ω・`)
そんなことを思いながら、ようやく呼ばれた診察室。

うめきち「足の裏にウオノメができていて・・・」

先生「・・・ウオノメ?そんなもの無いぞ」

息子の足の裏をさっと見て、そうおっしゃいます。

うめきち「ここです!ここ。」

うめきちは息子の足の指を伸ばして、隠れているイボをお医者さんにお見せしました。

先生「あー、これはね、ウオノメじゃない。こんなところにウオノメは出来ない。もっと悪いものですよお母さん」

うめきち「・・・・」

えっ???(・∀・)

なんですって?
先生!今なんておっしゃいました??

∑(゚д゚lll)もっと悪い・・・

先生「これは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言って、ウイルス性のイボですよ。移るからね。それに中々すぐには治らないから。治療をするので、通ってもらいます。」

うめきち「あ、は、はい。」

先生「治療は、液体窒素で患部を焼きます。これね(と言って銀の丸い筒から先っぽにガーゼを巻きつけた長い棒を取り出して見せる)」

それが、噂に聞く液体窒素。。

Σ(゚∀゚ノ)ノ湯気、じゃないか、冷気が上ってますよせんせっ!
雪女もビックリの、ひえひえのひえひえですよ!!

先生「だいたい、1週間から2週間に一回、これで処置して、15回から20回くらいかな。通って下さい。すぐ治る場合もあれば、中々治らない場合もあります。2週間以上開けちゃうと、イボが盛り返してきちゃうからちゃんと通ってね。」

あう、あう、あう・・・
ヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ

ウオノメ♪って言ってたあの頃のうめきちでてこーい!

これは、一大事!

こんなに大変なイボだったんなんて。

うめきち「先生、これって。。。移るんですか?」

先生「ウイルス生だから移りますよ。この子は。。。まだ他のところには出ていないようだね。いじったりするとその手から移るから、なるべく触らないように。」

∑(゚Д゚)せんせいっ!うめきちガシガシ削っちゃってます!
その手で、アチコチ触ってます!!

だ、だ、だ、大丈夫でしょうか?!!

・・・とは言えない、素人判断でスピール膏治療して、イボを削ってたこと口に出来なかった、ダメなうめきちでした。。

不幸中の幸いというか、運がよかったというか、この時息子のイボはまだひとつだけ。

これ以上増えないうちに、皮膚科へ訪れることが出来たこと、本当に良かったと胸をなでおろしました。

先生が見せてくださった、ウイルス性イボの画像。

たくさんのイボが指や足に出現している画像に、冷や汗の出る思いでした。

( ;∀;)

その場で息子に一回目の液体窒素処置が行われます。

ごめんよ息子!
水いぼでは何とか焼かれる処置を回避したのに、ここにきてついにその治療をあなたにさせることになってしまって。。。

痛い?!痛いだろう?!
母が変わってあげたいよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

液体窒素でイボを焼く。痛いの?痛いんでしょ?!

あれ?(・∀・)

息子、耐えられている。。。

恐ろしの冷気をまとったガーゼの棒が、息子のイボに「じゅー!」っと押し当てられても、当の本人は少し体をこわばらせただけ。

先生「大丈夫だな、笑っているし(笑)」

うめきち「いつも笑顔なのがとりえなんです^^」

いやいや、そうじゃなくって、大丈夫なのか?息子よ!!

痛がる様子は見せるものの、叫び声も涙もなく、耐えてる息子。

そうだ、息子は痛みに強い子だった。

虫歯治療も、乳歯抜歯も、インフルエンザの注射も泣かない子だった。
強い子だなぁ、息子。

母は誇りに思います(*´ω`*)

先生いわく、痛くなければ効いていない、とのことで、それなりに痛いようですが、うちの息子には耐えられる痛みのようでした。

泣き叫ばれたら、母も胸が痛いですし、ひとまずε-(´∀`*)ホッ

4,5回、液体窒素の浸ったガーゼをイボに押し付けて、この日の治療は終了。

患部に絆創膏を貼ってもらい、家に帰ることには剥がして良いと言われました。

さすが、息子も直後は足を引きずって治療の痛みが残っている様子を見せました。

それもお会計を待って、別件で処方していただいた薬をもらう頃には、もう痛みが消えた様子。

大変な1日だったね、息子。
おつかれさま(T_T)

まとめ

こうして、うめきちの息子は、このイボ治療を数ヶ月間続けることとなりました。

そう、15回~20回。
週1回ほど。

つまり、
毎週治療に通うのを、約5ヶ月間続けないといけないです!

( ゚д゚)大変です!!

残念なことに、うめきちの住む町には皮膚科がありません。

この皮膚科さんへは車で30分。
大変人気があるお医者さまなので、空いているときで待ち時間1時間半~2時間が普通。

・・・・

これは、大変だぁ。
(´・ω・`)

しかし、大事な息子のかわいい足の裏に、こんな悪いイボがいるなんて許せません!

少しでも早く無くしてあげたい!

親として当然ですが、生活の最優先事項として、治療に連れて行ってあげようと心に誓いました。

二人の子供の習い事、うめきち自身の仕事のこともあるので治療にあてられる曜日も制限がありますが、有り難いことに実母が協力してくれると言ってくれましたので、なんとか1週間に一回の治療をめざして、うめきち親子は頑張ります!

イボの治療と、状態の経過など、これからご紹介していけたらと思います。
【治療レポ】液体窒素でイボを焼く 子供の痛みはどうなのか?

イボは、初期の小さいころの方が当然はやく治ります。

1個2個と増えていくと、より治療が困難になっていきます。

しかし、うめきちの例をご覧になっても分かる通り、「ウオノメ」と間違って自己流治療をしたり、放置されることもあるのが事実。

今この時も、ウオノメの治療法を探しにネットを検索されている親御さんの中で、「ウイルス性イボ」の存在に気づかれる方がどれほどいらっしゃるか・・・

この記事を読まれて、同じようにお子さんのイボをウオノメだと思い込まれている親御さんが、早期発見早期治療へと向かわれますことを祈りたいと思います。

ウイルス性イボだとわかりましたら、その時はすばやく適切な治療へと向かわれ、早期治癒となりますよう、ともに頑張りましょう!

引き続き、ウイルス性イボに関する情報もお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事が、みなさまのお役に立てましたら幸いです^^

☆関連記事☆

水いぼ、水疱瘡、手足口病の見分け方!特徴を画像でしっかり確認!

【違いに気付かず】魚の目だと思ったのに…もっと厄介ウイルス性イボだった

たこ、ウオノメの違いって?わかりづらいイボの見分け方【画像】

子供はウオノメよりウイルス性イボの場合が多い?尋常性疣贅とは

【イボ】液体窒素の治療、痛い人痛くない人の違いって?

【治療レポ】液体窒素でイボを焼く 子供の痛みはどうなのか?

【治療レポ】液体窒素でウイルス性イボを順調に退治中 経過と画像など

【治療レポ】ウイルス性イボの芯が消えた! 完治の期間は?

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)の子供、治療経過レポ【姉】

スポンサードリンク

9 Responses to “【違いに気付かず】魚の目だと思ったのに…もっと厄介ウイルス性イボだった”

  1. しばきち より:

    2週間前、魚の目だと思っていた物を「ちょっと違うかも?」と疑い、皮膚科に行ったら「イボ」でした(T_T)
    液体窒素の治療をして帰宅し、何気に6歳息子の足を見てみたら、ポツリとしたものを発見し、親子で仲良くイボ治療が始まりました(^^ゞ
    息子のは発見が早く、先生も「小さいものはすぐ治るよ」とおっしゃったので一安心ですが、魚の目だとおもってずっと放置していた私は一体いつになったら治るやら…
    このブログに勇気をもらったので、とにかく頑張って通院したいと思います(^^)

  2. ゆかっち より:

    子供ではなく、自分の足に六年前くらいからあるんですー。増えてるなー、と思っていたので、イボなのでしょうか~!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚芯みたいなのもあるし、魚の目かと思っておりました。

    ようやく皮膚科に行く決心つきました(^-^;ありがとうございます!!一年はかかるのかなー。。
    5個くらいになってます(T-T)
    小さいものなんですが~。

    • うめきち より:

      ゆかっちさん、こんにちは!

      いかがだったでしょうか?
      ウイルス性イボの判定が出たなら、焼き焼きしていくしかないですね。
      (๑•̀ㅂ•́)و

      皮膚科へ行くきっかけとなったなら嬉しいです。
      正体は何にせよ、少しでも早く、きれいに治りますように!

  3. Madder より:

    私もウオノメだと思ってたらイボができてた人です!
    同じ人がいてちょっと喜んでます(すみません笑)
    でも、私の場合は五年前に2個ウオノメができてるよと皮膚科の先生に診断され、今年6月に3個に増えたウオノメを見せに行ったら「これウオノメじゃなくていぼやな~、ほら、2個から3個に増えてるやろ?」って言われました・・・(先述した同じ先生です・・・)
    ただいま右足に2個、左足に1個できてるのを液体窒素で焼きました・・・
    こんな多いと歩くのが困難で、びっこ引いてます・・・
    でも、このブログを読んで、治療頑張ろうと思いました!ありがとうございます!

    • うめきち より:

      Madderさん、こんにちは。
      コメントありがとうございました^^

      先生、なぜにウオノメと言われたんでしょうね。。。
      (゚Д゚)ノ

      うちの子も体重がかかる場所のイボが歩くと痛いと言っていました。
      辛いですよね。
      焼くのも痛いし、長くかかるし、場所によっては痛みがあるしで、イボは本当ににっくき奴です!

      どうか少しでも回数少なく治療が終わりますことを、痛みが早く消えますことを祈っています。
      頑張ってくださいね!!

  4. チルチル より:

    真ん中に芯みたいなのがあって
    その周りは何もなくてまたその周りに
    膨らんでいるのは
    イボですか?

    • うめきち より:

      チルチルさん、こんにちは。
      ご質問頂いていたのにお返事が遅くなり申し訳ありません。

      状況は実際に見てみないと中々判別つかないですし、素人判断で無責任な見解をお伝えするわけにはいきません。

      放置していていいイボなのかそうでないのかは、一度お医者さんに見てもらって判断を仰いだほうがいいと思います。

      治療を開始するのも早いに越したことないですからね^^

      気になるであろうチルチルさんのイボが早く消えますように祈っています!

  5. sakua より:

    この記事見て、
    えーーー!!!!!!うめきちって、うめきちさん?うめちゃん?(゚д゚≡゚д゚)ってなったのは言うまでもないですww
    イボを調べようとしたら、すぐに巡り会えちゃった(๑´ω`๑)♡
    運命かな♫
    記事、相変わらずすごーく分かりやすくて、助かったー!
    うちの末っ子も年末に出来たの。。。今、でかくなってきちゃって、怖くて調べたら。。。という訳!
    皮膚科探して明日行ってみるね!ありがとう〜«٩(*´ ꒳ `*)۶»

    • うめきち より:

      sakuaさん、こんにちは!

      ごめんなさいお返事遅くなりました。
      そうなんです、こっちもちょっと運営しております(*´ェ`*)

      お子さん、どうでしたでしょう?
      うちの子と同じイボだったかな。

      経過は人によって様々みたいですが、sakuaさんのお子さんが早くキレイなお肌に戻りますように祈っています!

      えぇ、これは運命ですよ(*ノェノ)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ