【イボ】液体窒素の治療、痛い人痛くない人の違いって?

うちの子たちは余り痛がらなかった液体窒素のイボ治療。
ところが周りを見渡せば、大人でも激痛だという声も。
痛みを感じる人、感じない人の違いってあるのでしょうか?
お医者様に聞いてきました。

スポンサードリンク



kids

液体窒素のイボ治療。痛い?痛くない?

こんにちは、うめブロへようこそ。

小さなお子さんの痛がる姿は見ている方も辛いですよね。

当サイトはイボの記事を沢山ご紹介しているので、コメントをいただくこともあります。
小さなお子さんが液体窒素の痛みに泣き叫び、病院の玄関を入るのもひと苦労で親子ともに疲弊してしまい、通うのをやめてしまった方も。

大変だったことでしょう。
なにか痛みが少ないよい治療を行えているといいな、と思っています。

対する、うめきちの2人の子供たちは・・・

【液体窒素治療の様子】
弟(当時8歳):痛みに強いタイプ。痛みゼロではないけども、笑顔も出るくらい。痛いからやりたくないとは一度も言わず。

姉(当時11歳):もともと怖がり、痛がり。痛みは感じるが無言で耐えられる。どちらかと言うと傷がしみるような刺激を感じるとのこと。

2人ともに、世間で言われているようには痛くなさそうだなというのが、見ていての感想です。

となると、もしかしてもしかして。
お医者さんの腕の違いなのでは?

そう思い、違う皮膚科に通うママ友に、患者さんの中で泣き叫ぶ子などがいないか、我が子の治療中の様子はどうかを聞いてみました。

イボ退治中の子供たちというのは、周りにも結構いるんですよ。

Q:イボの液体窒素って人によって痛みが違うのかなー?そっちの医者での子供たちの様子はどう?

「待合室にいて、泣き叫ぶ声は聞いたことないけどな」
(イボ治療のお子さんがいるかどうかはわかりません)
「うちの子は泣き叫ぶほどではないけど、痛いのをグッと我慢しているよ」
「結構痛そうなんだけど、友達が同じように通っているのを知ってるから、頑張って耐えてる!」

なるほど( ゚ー゚)( 。_。)

結局、話を聞いてもお医者さんの違いで痛みが違うかどうかはハッキリしませんでした^^;

みんな痛みを耐えて頑張って治療に通っているなーということはわかりました。
にっくきイボです!

こうなったら、うちの主治医に聞くしかないっ。

ということでお医者さんのお話からわかったことをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

場所によって違う、痛みの痛覚

うめきち「先生、うちの子たちはこの治療にあまり痛みを感じないようなんですが、先生のやり方が上手だからなんでしょうか」

先生「これはね、場所がいいんだよ」

うめきち「場所?」

先生「痛みっていうのは、感じやすい場所感じにくい場所があってね、これも(娘の足のイボを指差し)あと1センチずれてたら、もっと痛かったぞ」

うめきち「えっ・・1センチですか!」

先生「あとは医者によって強く当てる人、中くらいの人、弱い人といるからね。私は中くらいだな」

うめきち「なるほど~!」

我が家が通っている皮膚科は大変人気があり、待ち時間も3~4時間が当たり前です。
それは人気であるためだけではなく、ひとりひとりの患者さんの話をよく聞いてくれ、先生からのお話もじっくり丁寧にしてくれるからという理由があります。

なので、こんなふうに皆さんにお伝えできる情報を日々仕入れてこられるわけです。
(♡ˊ艸ˋ)

何回もいろんなことを質問するので、勝手に仲良くなってきた気分(こらw)

しかし、先生のお話は、うめきちの予想していない答えでした。

痛みを感じる程度が場所によって違う。。
そういう事があるのですね。

どちらかというと、痛みに対する個々の感じ方の違いかと思っていたのです。

でも、確かにわかる気がします。

我々は、ふとした時に痛みや刺激を体に受けるわけですが、体の部位、場所によって、痛みの感じる強さは違うというのを経験的に知っていますよね。

うめきちが直ぐに思い浮かんだのは、ひじ!
肘の皮をギューッと引っ張ってみても、全然痛くありません。

同じ力で腕の別の場所をギューッと引っ張ったら、痛い痛い痛い!
(>_<)

この痛くないひじの場所に注射の針をさせたら、予防接種も痛い思いしなくていいのに(笑)

あと、耳たぶも痛みを感じにくいですよね。
だからピアスなどを開けられる。
( º言º )だって太めの針を刺して穴を開けてるんですよ、穴。

帰宅してから調べてみると、もうちょっと詳しいことがわかりました。

痛覚神経が少ないところが、痛みを感じにくい

体の部位によって感じる痛みの大きさが違うのは、痛覚神経が少ないから。

体全体で言うと、顔や手足、舌などは痛覚神経が集まっていて痛みの感覚に敏感ですが、腕や体幹、大腿部は痛みを感じにくい箇所になるそうです。

でも、先生のおっしゃったように、足の指一本でも1センチ単位で痛みを感じる感覚が変わるのでしょうか。

たとえば予防接種などで、去年はすっごく痛かったのに、今年は全然痛くないぞということが起こります。
これが、同じ腕の部位でも痛覚の少ない場所にうまく注射針を刺したからということになるのかもしれません。

これ以上専門的なことはお聞きできなかったのでわかりませんが、同じ足にできたイボでもその場所によっては痛みを感じる度合いが違うということがわかりました。

先ほど例にあげた肘の皮は、皮膚の皮が厚くなっているので痛みの神経まで刺激が届かないという理由もあるみたいです。
痛さを感じにくいとは言え、痛覚神経は密ではないものの、きちんと分布していました。

あとはもちろん、一人一人痛みに対する感じ方や耐性が違うのは、子供も大人も同じ。

うめきちは陣痛をもちろん強い痛みとして感じましたが、死にそうだとか、耐えられないということは思いませんでした。
正直、あのくらいの痛みはなんとかなるなと思っています(ママ仲間に怒られるけど^^;)
ちなみに、38時間くらい耐えましたよ!

イボの液体窒素も、大した痛みじゃないと言う人がいれば、筆舌に尽くしがたい痛みだったと語る人もいる。

痛みに強い弱いは、あるでしょうね。
(・ω・`)

最後は専門的な知識もないため曖昧な表現になってしまいましたが、液体窒素の痛みは「痛い人もいれば、それほど痛くない人もいる」という身も蓋もない結論にたどり着きました。

痛みはその人の感受性や脳の伝達回路の働きによって変わるそうなので、そうなると
痛みを感じない人=鈍感

ってことになるのかもしれないですね^^;

痛みの感じ方は脳の作りが関係しているということで、このテーマは終わりにしたいと思います。

とはいえ、痛いものは痛い!
大人なら耐えるしかないとわかりますが、小さなお子さんは受け入れることが難しいものです。

イボの治療は液体窒素だけではなく、漢方薬を併用するのも効果的と言われています。

あまりにお子さんが痛みに対して恐怖心を感じているようだったら、一度主治医に相談してみてはいかがでしょうか。

1回でも少ない治療回数で、イボを退治できますように。
祈っています。

☆関連記事☆

水いぼ、水疱瘡、手足口病の見分け方!特徴を画像でしっかり確認!

【違いに気付かず】魚の目だと思ったのに…もっと厄介ウイルス性イボだった

たこ、ウオノメの違いって?わかりづらいイボの見分け方【画像】

子供はウオノメよりウイルス性イボの場合が多い?尋常性疣贅とは

【イボ】液体窒素の治療、痛い人痛くない人の違いって?

【治療レポ】液体窒素でイボを焼く 子供の痛みはどうなのか?

【治療レポ】液体窒素でウイルス性イボを順調に退治中 経過と画像など

【治療レポ】ウイルス性イボの芯が消えた! 完治の期間は?

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)の子供、治療経過レポ【姉】

スポンサードリンク

One Response to “【イボ】液体窒素の治療、痛い人痛くない人の違いって?”

  1. ユウダ より:

    家の近くの医者は悪魔でした。イボをグリグリって押し付けてくるんです!それがもう痛くて痛くて思わず声がでちゃいましたw次も行くかと思うと憂鬱です…..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ